フラット35Sの金利差とは?

フラット35Sをどの金融機関から利用するか比較するポイントとしていちばん大きなものが金利についてでしょう。
住宅というのは数千万円というとても大きな金額の買い物になりますので、たとえ金利の差が数字で見ただけではあまり変わらないように見えても、実際の支払い総額には大きな違いが出てくるものなのです。
そのため、金利は0.
01パーセントの差であっても、金利の低い金融機関を選んでいきたいものです。

フラット35Sを利用できる各金融機関のホームページには、現在の金利が掲載されていますし、実際にご自身が利用する金額や条件、プランなどを入力してシミュレーションをおこなうことが出来るところもあります。
まずはそれぞれの金利をチェックしてみましょう。