諸経費を考えて住宅ローン借り換えをするには?

今は空前の住宅ローンの低金利で、変動金利も固定金利も最低水準です。
この事を考えると、住宅ローン借換を考えるいいチャンスです。
しかし、住宅ローンを借り換える時は諸経費がかかります。
今まで借りていた金融機関と、これから借りようとする金融機関、両方にかかってきます。
先ずは借り換え先の金融機関に諸経費がいくらかかるか相談してみましょう。
そして今借りている金融機関にローンを返済して、別の金融機関にローンを組み変える時の諸経費を聞くのです。
その二つの経費を合せても得をする場合で、特に固定金利のように支払い総額が分かっているローンの場合は、本当に今が借り換える時期です。
今はここ数十年に無い住宅ローンの低金利の時期なので、特にローン年数がかなり残っている方であれば、かなりローン残高が圧縮されます。
生活にゆとりも少しできるので、これからローンを払っていく時に、支払い遅延を起こさずに済みます。
先ずは銀行に相談してみましょう。
新生銀行住宅ローン借り換え審査対策!審査甘い?【年収基準は?】