色合いが優しいクンツァイトとは?

クンツァイトはリシア輝石の一種で、桃色や紫色のものがそう呼ばれています。
歴史は比較的新しく、1902年にアメリカで発見されました。
名前の由来は宝石学者のクンツ博士にちなんでいます。
とても繊細で優しい色合いをしており、まるで花びらのようです。
その美しさは愛のエネルギーに満ちています。
女性らしさや思いやりの心、ネガティブな気持ちへの癒しなど、穏やかで前向きなパワーをもたらしてくれるでしょう。
円滑に人とコミュニケーションしたい人や、日常生活にストレスを感じ、癒しを求めている人にオススメです。
浄化は水晶クラスターやセージ、月光浴でするのが良いでしょう。
太陽光に弱く、縦に割れやすい性質を持っているため、取り扱いには十分に注意しましょう。
ブレスレットやペンダントなど様々なアクセサリーに加工され、特にインカローズやピンクトルマリンなどとの相性が良く、恋愛パワーを上げてくれます。
クンツァイトを身に付けて、新しい出会いを見てけてみませんか。
クンツァイト意味は?石言葉と効果をチェック!【相性がいいのは?】