住宅ローン審査に関わる年収以外の項目とは?

住宅ローンを利用する際には、まずは金融機関ごとにそれぞれ決められた基準に合わせた審査が行なわれることになります。
その審査の中では、年収や勤務先、勤続年数など仕事に関わることだけが調べられるのかと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際にはその他の個人信用情報もとても重要になるのです。
個人信用情報機関には、今までのローンやキャッシングの利用状況、支払いに遅延があるかどうか、金融事故を起こしたことがあるかどうかということが登録されています。
住宅ローンを利用する際の審査でも、新規のキャッシングをするときと同様に信用情報機関のデータを確認することになります。
もし金融事故を起こしている場合には、信用情報機関に事故情報が登録されている間は住宅ローンを利用することは出来ないのです。