光回線の料金は戸建てタイプとマンションタイプに分かれています

光回線に限らず、インターネットの料金プランは「戸建てタイプ」と「マンション(集合住宅)タイプ」に分けられます。
NTT東日本では、戸建てタイプは3戸以下、集合住宅は4戸以上の建物と明記されています。
auひかりの場合は、何戸以上というよりはauひかりの設備を導入している集合住宅がマンションタイプという解釈になるようです。
ですから、明らかにマンションであっても、auひかりの回線が引かれていない集合住宅は戸建てタイプという扱いになりそうです。
So-netが提供するNURO光では4戸以上はマンションタイプが適用されるのですが、ユニークなのはその料金体系で4戸から6戸までは月額2.
500円、7戸で2.
400円、8戸で2.
300円、9戸で2.
200円、10戸以上で1.
900円と段階で値引きされます。